【ごきげんアイテム】音が立たないってすごい!幸せに包まれる&大切な人に贈りたくなる「カルメル会修道院のスリッパ」

投稿日:2018-10-27 更新日:

https://goodfeeling777.com

冬ならではの小さな幸せ

ごきげんいかが?NAOです。

日に日に寒さが増す10月末、そろそろスリッパを冬仕様にしたいな~と考えていたとき、ふと思い出しました。

去年、大切な人からプレゼントされたウールのスリッパを。それは、カルメル会修道院のシスターが作る逸品です。

しっかりとした作りでとても素敵なのはわかっていたけれど、なんとなく使うのがもったいなくて、汚したくなくて、去年は履かずじまい。でも、日用品は使ってこそ生きるもの。「よし、今年はお世話になろう!」と、ひとたびそのスリッパに足を滑らせると、ウール(フェルト)にやさしく包まれる感覚にまず感激しました。そして、履き心地やフィット感はもちろん、、歩くときの静けさがとってもいい。パタパタと音が立たないのです。

これまで、「スリッパの音」なんてさして気にしてなかったけれど、このウールのスリッパの静けき歩みを体験すると、スリッパの音って意外とうるさかったんだなと実感します。

まずは、その「静けさ」を動画で感じてみてください。一番左から「カルメル会修道院のウールスリッパ」、ユニクロのスリッパ、人工皮革のバブーシュ、布製のスリッパ。歩いた時の音を比べてみました。

「静けさ」のヒミツはフェルトの厚底

このスリッパ、フェルト製の厚底で、床の冷たさがまったく伝わりません。そして、これが歩いたときの「静けさ」のヒミツでもあります。

「沈黙」が基本の修道院生活。そのため、そこで暮らす神父さまやシスターが「足音をたてずそっと歩けるように」との配慮から、「フェルトの厚底」になったのだそうです。

とにかく、足が絶妙にすっぽり収まるということもあるのか、暖かいし、音が立たない。履くとわかるのだけれど、ちょっとクセになっちゃう履き心地なのです。

色柄

以下、山口カルメル修道会のページに掲載されていた図柄です。「他にも色々な柄があります」ということなので、どんな柄が届くのかしら?という楽しみもあります。

ちなみに、フェルトだけでなく、フリース素材のスリッパもリリースされているようです。

※以下の画像の出典:すべて「山口カルメル修道会」

以下は、フリース素材のスリッパ

 

サイズと価格

女性用スリッパ

サイズ 靴のサイズ 価格
S ~21㎝ 2,200円
M 22~23.5㎝ 2,400円
L 24~24.5㎝ 2,600円

男性用スリッパ

サイズ 靴のサイズ 価格
M 24~24.5㎝ 2,600円
L 25~26㎝ 2,800円
2L 26.5~27㎝ 3,200円
3L 28㎝ 3,400円

注文はファックスか電話で(注文書フォーマット作りました!)

周りの大切な人たちへ、今年のクリスマスプレゼントはこのスリッパで決まり!

そういうわけで、ネットショッピングに慣れすぎた私でもすぐにファックスで注文できるよう、注文書のフォーマットを作りました

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

注文書(Word形式)「カルメル会修道院のスリッパ注文」

ワード形式なので、ダウンロードしてPCでそのまま入力するもよし、プリントアウトして必要事項を手書きするもよし。いいようにお使いください。

ちなみに、色柄の指定は基本的にできないようです。HPには「指定された場合でも、ご希望の色柄がご用意できない場合がある事を予めご了承の上、ご注文願います」とのこと。ただやはり、「こういう色味がいい」、「こういう柄は避けたい」など希望ってあるものです。ダメもとで、あくまで大枠の希望は備考欄に書いておいてもいいかも

直接現地で買うのもあり

山口カルメル会修道院

〒753-0302
山口市仁保中郷103カルメル会修道院

来たる冬。寒いのはめっぽう苦手だけれど、冬ならではの「小さな幸せ」を積極的に楽しみたいと思います。

それでは、ごきげんよろしく!

-ごきげんアイテム

Copyright© ごきげん女の処方せん , 2020 All Rights Reserved.